矯正治療について

矯正治療とは

歯科矯正治療とは、歯やあごの骨に力をかけてそれらをゆっくりと動かすことで、悪い歯並びや咬み合わせ(不正咬合)を整え、正しく機能的な咬み合わせ(正常咬合)を獲得し、さらにはバランスのとれた口元を作り出す治療です。

正しく機能的な咬み合わせを獲得することは、「咬む」という機能を向上させるだけでなく、う蝕や歯周疾患、顎関節症の予防のために必要です。また、歯並びは口元の美しさや表情の成り立ちとも深い関わりがあります。不正咬合は、口腔周囲の習癖(指しゃぶり、爪咬み、舌癖など)や、耳鼻科疾患(アデノイドや慢性的鼻閉など)に起因する口呼吸などとも関連があり、放っておくと顔つきまでも変えてしまいます。

不正咬合に伴うリスクと障害について

かみ合わせの悪い状態いわゆる不正咬合のままで放っておくと、う蝕や歯周疾患のリスクが高くなったり、様々な障害を引き起こす可能性があります。不正咬合のタイプは様々で、症状や程度も人によって大きく異なります。
下にそれぞれの不正咬合に対する代表的な障害やリスクを挙げています。矯正治療を希望される場合は、自分の不正咬合のタイプや症状を把握し、それに合った納得のいく治療法を見つけることが大切です。

不正咬合には次のような症状に伴う代表的な障害やリスクが挙げられます。

  • 上顎前突画像

    上の前歯が出ている(上顎前突)

    咀嚼障害

    外傷のリスク

    審美的な問題

    呼吸障害のリスク

    嚥下異常

  • 反対咬合画像

    受け口である(反対咬合)

    咀嚼障害

    発音障害

    審美的な問題

  • 上下顎前突画像

    上下の前歯が出ている(上下顎前突)

    咀嚼障害

    審美的な問題

    う蝕・歯周病のリスク

  • 叢生画像

    歯がでこぼこしている(叢生)

    咀嚼障害

    審美的な問題

    う蝕・歯周病のリスク

  • 空隙歯列画像

    すきっ歯である(空隙歯列)

    咀嚼障害

    発音障害

    う蝕・歯周病のリスク

  • 交叉咬合画像

    上下の歯列が横にずれている
    (交叉咬合)

    咀嚼障害

    成長発育への影響

    顎関節への影響

  • 過蓋咬合画像

    咬み合わせが深い(過蓋咬合)

    咀嚼障害

    顎関節への影響

    審美的な問題

  • 開咬画像

    上下の歯が咬み合わない(開咬)

    咀嚼障害

    発音障害

    顎関節への影響

    呼吸異常

    嚥下異常

  • 埋伏歯画像

    歯が骨に埋まって生えてこない
    (埋伏歯)

    咀嚼障害

    発音障害

    審美的な問題

    歯根吸収

  • 矯正治療について
  • 矯正治療とは
  • 子供の治療と大人の治療
  • 治療の進め方
  • 料金について
  • 矯正無料相談
  • 矯正装置のご紹介
  • Q&A
ページのトップへ
  • 九州大学病院 矯正歯科
  • 〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
    TEL:092-642-6460
  • 九州大学大学院 歯学研究院
  • 九州大学病院