矯正治療について

子供の治療と大人の治療

子供の治療と大人の治療図
  • 子供の矯正治療

    矯正治療では、永久歯列における正常な咬み合わせをゴールとしています。
    成長期の段階では、永久歯の咬み合わせに影響する問題点を改善し、永久歯の配列を行うための前準備をします(第1期治療)。
    永久歯列が完成した後、本格矯正治療により咬み合わせの仕上げを行います(第2期治療)。

    成長する力を利用することで、あごの骨の成長や歯の生え変わりをコントロールすることができます。また、歯並びに影響する口腔周囲の習癖の除去や筋肉のトレーニングなども行っていきます。

    おかしいな、と気づいたら早めに矯正歯科医に相談されることをお勧めします。

  • 大人の矯正治療

    骨格の成長や永久歯の交換が終了した後に開始する矯正治療です。
    あごの関係や歯の並び、歯周組織の状態などを考慮して、患者さんそれぞれの状態に合った治療を行うことで、個性正常咬合を獲得することを目標とします。

    歯と歯周組織が健康であれば、何歳になっても歯並びを治すことが可能です。矯正治療は若年者の治療と思われがちですが、近年では治療を希望する成人の方が増えてきました。
    歯周疾患に罹患すると、不正咬合が悪化することがあります。このようなケースでは、歯周病科・補綴科・矯正歯科などが連携して包括的な歯科治療を行います。

    もう年だから、とあきらめず矯正歯科医にご相談ください。

  • 矯正治療について
  • 矯正治療とは
  • 子供の治療と大人の治療
  • 治療の進め方
  • 料金について
  • 矯正無料相談
  • 矯正装置のご紹介
  • Q&A
ページのトップへ
  • 九州大学病院 矯正歯科
  • 〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
    TEL:092-642-6460
  • 九州大学大学院 歯学研究院
  • 九州大学病院